タグ:海アメ ( 41 ) タグの人気記事

2018 あめますダービー in 島牧大会 -グランドチャンピオン-

夢が現実になった日。

『グランドチャンピオン』

フライフィッシングを続けてきて生涯忘れられない日となりました。

優勝魚 / 2018.3.4 / 76㎝ 5535㌘

c0351262_20350121.jpg

c0351262_20370145.jpg

今後、挫折も多く味わうと思いますが、ハングリー精神と自分らしい釣りを忘れず、精進したいと思います。

お世話になった皆様、本当にありがとうございました。



by spey-g | 2018-03-18 20:34 | 海アメ | Comments(2)

明日の前の日


c0351262_15200252.jpg

明日は表彰式


by spey-g | 2018-03-17 15:19 | 海アメ | Comments(0)

島牧海アメ釣行

昨日の島牧…猛者の方々にこてんぱんにやられました…
海アメを始めた中で一番挫折した日でした。

c0351262_06520769.jpg






by spey-g | 2018-03-15 06:51 | 海アメ | Comments(0)

島牧海アメ釣行 ーMemorial troutー

誰が予想しただろう?この日の結末を...

いつもどおり島牧に日帰り釣行する際は起床4時と決まっている。
午後からの北西の風が吹くので午前が勝負だと思っていた。

c0351262_18491058.jpg
朝6時半に現地到着。朝一のポイントは生コン。8時過ぎまで振ったがノーバイト。
移動して赤灯へ。先輩のアングラーが3人ほど振っていた。現地に向かう際に、雪に埋まって2回の大コケ...不覚にも見られてしまった(笑)

結局ここも状況は厳しいの一点張り。私も振るがノーバイト。海の色は申し分ないのだが....

漁港横へ移動したがここは視察だけで終了。そして千走川の河口を一人で歩き、とりあえずキャストキャスト、異常なし!
その後はレスト前を振っていると沖に怪しい雲が...しかもめちゃくちゃ沖の波が白く跳ね上がっている。これは海岸に近づくのも時間の問題だ。
最後は生コンに移動するもその時点で北西の荒れ狂う直前の風がグルグルとあざ笑うかのように吹いてきた。これは無理だと思い、ボーズ回避で大平に行くもここもお話にならないくらい強風。正直これで帰ろうかと思ったが、この状況でキャストできる場所はもうあそこしかない!

移動!

TさんとFさんの3人でキャスト。そのうちお二人がキャス練をはじめるモードになっていた。
私はインタミディエイトインター2を使っていたが、なんだかざわついている海面になじまない。そこでタイプ2ラインに交換、ここが本日の命運の分かれ道だった。

私のライントラブルはいわば島牧の風物詩。30分ほどTさんが言うには「地蔵のようだった(笑)」と..その間にキャス練をしていたTさんに海アメがヒット。
その際に口から吐いたベイトを見て私のフライセレクトは迷わなかった。

ラインとフライの交換でキャストの3投目....「きった~!」


本日最初で最後のアタリがメモリアルフィッシュだった。かけた瞬間はそんない大きくないと思っていたが、沈黙だった海面は魚体の反転や尾びれのバタンバタンでエキサイティングな雰囲気に。周囲の先輩も「デカイデカイ!」それを聞いて初めて大きな魚だと確認した。「無理に引っ張るな!」アドバイスしてくれる先輩も自分のロッドを放り投げて私のランディングをサポートしてくれた。

浜に打ちあがった海アメをみて「なんじゃこりゃ~!」「でけ~」。その肥満度にびっくり呆然。「これ○キロいったんじゃない?」  「えっ?」

私を含めて3人でかりんぱへ。

c0351262_18490711.jpg
マスターもビックリ、お店を切り盛りしている奥さんや息子さんも出てきてくれた。
そして運命の重量計...数値を見た瞬間に自分では信じることができない栄光の称号が先輩方の言葉の中で飛び交っていた。

c0351262_18490643.jpg


良い写真は、表彰式が終わってから出します。すいません。




by spey-g | 2018-03-06 19:19 | 海アメ | Comments(4)

公式登録更新 -2018 あめますダービー in 島牧大会ー

2018 あめますダービー in 島牧大会

正直今は何をどう表現してよいかわからない。

確かなのは一生に一度の一尾だったこと、周りの方々のサポートがこれまでにあったこと...


c0351262_21263028.jpg
c0351262_21263022.jpg







by spey-g | 2018-03-04 21:27 | 海アメ | Comments(2)

島牧海アメ釣行

今週火曜日の島牧釣行。
釣果は...

c0351262_21360374.jpg
c0351262_21360466.jpg
c0351262_21360493.jpg
c0351262_21360352.jpg






by spey-g | 2018-03-01 21:37 | 海アメ | Comments(0)

島牧海アメ釣行

昨日の島牧戦はパーフェクトボーズ。

北西の風速5m/sが容赦なく吹き付ける。左からの強風に朝一は心折れる...


c0351262_18563860.jpg
c0351262_18563810.jpg

先輩のTさんも合流して、Tさんが沈黙を破る一本をゲット。...がその後続かず....

昼は天の初のあんかけやきそば!おいしい!

c0351262_18563802.jpg

c0351262_19001664.jpg
午後は風と波が落ちて18番。

Tさんはここで3本追加。私はかすかなアタリがあるものの結局だめだった。


c0351262_18563985.jpg
c0351262_18545660.jpg
c0351262_18545675.jpg

残り一ヶ月。頑張ろう!


ダービーニュース更新されました。








by spey-g | 2018-02-17 19:04 | 海アメ | Comments(0)

島牧海アメ釣行

この日は3本の海アメと出会うことができた。

c0351262_20233241.jpg
c0351262_20233346.jpg
c0351262_20233260.jpg
c0351262_20233319.jpg
c0351262_20233260.jpg
c0351262_20233228.jpg




by spey-g | 2018-02-12 20:27 | 海アメ | Comments(0)

島牧海アメ釣行 快心の一尾 ー2泊3日合宿ー

朝6時過ぎのアラームで起きるが、いかんせん身体がバキバキで動けない。前日1日振り倒したせいか身体が筋肉痛?どころではないような..6:30過ぎまでモゾモゾしているうちに、周りの先輩方がいない...

なんとか起きてレスト前に向かう。
すでに先に来ていた方はすでに2本釣っていて魚っ気はムンムン、海の色も釣れる色だ。
前日からの天気予報どおり、風は強く波も高い。それを見越したライン選択もよかったのだと思う。

c0351262_22414648.jpg
c0351262_22415177.jpg
c0351262_22414684.jpg

潮を噛む感覚は時間と共に強くなり、朝イチから3...4..本と追加。


6本目は54cmでサイズが上向いてきた。
フライ交換をしている間に、少し目の前の海を休める。

そして....1投目....着水....中間くらいまでリトリーブをしてきたとき、7本目が“ドスン”ときた..のだが、まさか今回の登録魚のような重さまであるとは思いもせず...
おそらく、それまで釣れていた海アメもよい引きをしていたのだからだと思う。

手前まで寄せるごとにTCRもバットから絞り込まれていく。
最後の波に乗せて引き上げようとしたのだが、ここで初めてこの海アメの重さを実感した。“なんか重い”。
サーフに打ち上げられた海アメを見て、一瞬で隣にいたお知り合いの方に「登録します!」と報告。測ってもらうと60代後半ではないか。思った以上にデカイ魚だったんだ。


今シーズン初の登録の準備は、心躍る。ラインバスケットの横にしまってある漬け物袋を取り出し、入れようと思ったが、フライを丸呑みしていて外すのに時間がかかってしまった(こういう場合の鱒の取り扱いはあとで先輩方に教えてもらった)。
サンタクロースのようにかついで登録所に向かう背中は登録者ならではのきついけど嬉しい作業。

何よりも嬉しかったのは昨年までの2回の登録は道の駅だったのだが、今シーズンやっと初の“かりんぱ”で登録できたこと。


前日の夕食でお世話になったマスターさんに、このサイズを釣るのは初めてなので、みなさんがやっているような上手な持ち方を教えてほしいことを依頼するととても快く承諾してくれた。

c0351262_21425521.jpg


長さは現地でだいたい測っていたので察しはついていたが、何よりも驚いたのが重量!

測りを見て...3...3...??  3kg超えだ~~~~。

空を仰いで思わずガッツポーズ。

昨年は2700g止まりだったけど、ついに3000gを超えたのだ。

江ノ島に戻って、リリースするときに隣で振っていた方の「努力すれば報われるんだね~」「神様はきちんと見ているんだね~」の言葉が何気なく忘れられない。
他のみなさんにも祝福してもらってリリースへ。

c0351262_21425416.jpg
c0351262_21425454.jpg
c0351262_07275275.jpg

現地の皆さま、本当にありがとうございました。


c0351262_21430246.jpg
c0351262_21430230.jpg
c0351262_21430208.jpg
c0351262_21430107.jpg


Come true if not give up a dream  ー夢はあきらめなければ叶うー


c0351262_07293356.jpg

c0351262_21425485.jpg




by spey-g | 2018-02-07 23:06 | 海アメ | Comments(0)

島牧海アメ釣行 ー2泊3日合宿スタートー

昨年までなら、釣行時の写真をもっと撮っていたと思う。
それが目標を高く掲げたせいか、反比例で今シーズンのどうしようもない自分の釣れなさ具合に嫌気が差して...とにかく写真を撮る余裕が無いのが事実であった。

先週木曜日の夜、不規則な仕事を終えて家を出たのが21:00。家で寝て金曜日朝早く出発する方法もあったのだが、車中泊も慣れないといけないので何とか自分を振るいたたせて島牧の地へ向かった。

そそくさと寝ようと思って外に出ると、月が島牧村を照らしていた。そういえば数日前に皆既月食があったのだった。

c0351262_20480824.jpg


翌朝金曜日。アラームで目覚め道の駅へ向かうと達人の方々の車がずらり...挨拶をして私は生コンへ向かった。
朝一の期待はむなしく、アタリがないまま終了。その後、某ポイントへ移動してみなさんと合流。


その中に、見たことが無い釣り人らしくないゴム手袋を履いて生簀をせっせと運ぶ若者がいた。大学生でなにやら大学の研究の一環で釣れた海アメにタグをつけて生態調査をしているのだとか。
生簀を覗いたときに、体格のよい海アメを見てびっくり。あぁ、釣ってるんだ~と期待を膨らませる、が...そう世の中は甘くない。私だけが釣れない、とにかく釣れない。


一人で周辺のポイントをたたきながら移動してもうんともすんとも....
今日の夜はかりんぱでみなさんの前で、ひとりだけ「ボーズです!」という自分をイメージしていたくらいだ。
16時前に竿をたたもうかとも思った。しかし、みなさんがいる場所にまずは合流しようと思い、移動した。この行動が結果的に翌日に好影響した。



レスト前でみなさんが一箇所で振っている。さっきの調査員の大学生はせっせと釣れた海アメを運んでいる。
そして、私を海アメの世界に招待してくれた師匠が「○○ちゃん、こっちこっち!」と手招きをしている。自分では気づかなかったがそのときの私はボーズですさんだ雰囲気をかもし出していたらしい...思い返せば廃人のようになっていたと思う。だってゼロとイチじゃまったく違うから。

「ここいるよ!」と隣に立たせてもらったのが16時過ぎ。直後に師匠が釣る。が、私は焦る。なぜなら海アメは隣同士でも釣れる人と釣れない人が別れる状況がよくあるからだ。“本当に今日自分は釣れるのだろうか??”正直不安でいっぱいだった。


しかし、海アメは答えてくれた!

c0351262_20480892.jpg

このイチの海アメに今日がどれだけ救われただろうか。本当に嬉しくて嬉しくて一気に気持ちが軽くなった。
そして追い上げがここから始まった。

上の写真は40cmちょっとだが、このあと...

c0351262_20480804.jpg

50センチ台前半の良型が2本追加!
1時間もしないで3本を釣り上げることができた。

この日は夕方ラスト1時間から別人のように釣れた。
皇帝さんにも「同じ人に見えない」と笑われる始末。いや、自分でもそう思う(笑)

この夕方の勢いが自身のメンタルを高くあげてくれて翌日の登録魚につながる結果となる。


かりんぱでは「○○ちゃん、あのとき落ち込んでやばかったしょ、だから釣らせないとやばいと思ってさ」と師匠から温かい言葉。本当に自分は恵まれていると思った。

c0351262_20480835.jpg

島牧で初温泉、モッタ海岸温泉。硫黄の匂いが素晴らしかった。

c0351262_21185554.jpg
c0351262_20480960.jpg

実は前日の夜に島牧入りして車中泊は何度か経験しているが、釣りをしたその日に泊まるのは今回が初めて。みなさんで一緒にご飯を食べて温泉に入って.....男の修学旅行みたいでとても楽しかった。


翌日に続く....









by spey-g | 2018-02-04 21:23 | 海アメ | Comments(0)