島牧海アメ釣行

今日は穏やかな天候。これまでの島牧釣行で一番釣りをしやすかったかもしれない。

c0351262_22212231.jpg

でも釣りをしやすかったのは“天候”だけで、海アメという釣りの難しさはなんら変わりもなかった....

c0351262_22212215.jpg

結果的に1本は釣った。
でも、今日はこれまでと違った感情があった。
c0351262_22212277.jpg
c0351262_22212209.jpg

素直に書きますね。

釣れたことは素直にうれしい。
ただ、初めて江ノ島海岸でやったのだが、バックをたたいてばかりでフライのロストも多かった。これまでやっていたポイントよりもバックの傾斜がある。
たたいていることに気づいて、気をつけていても気を抜けば「バチッ!」と後ろで音が....フライがない....今日は何個ロストしただろう?

そして魚が遠かった....圧倒的に飛距離を出して遠くにキャストをできるフライマンに軍配が上がるような状況だった。だから釣れている人のそばに行っても、釣れるわけではないのだ。
午後に良いサイズをヒットさせたものの、フライの結び目から切れてしまった。おそらくバックを叩いて結び目が弱っていたのだろう。

釣っている人は二桁....私は一本....違うポイントでは70近いサイズを出した方も....それが現実だという海アメの難しさを改めて痛感した日だった。悔しいけれど頑張るしかない。

あとは何といってもライントラブルの軽減をしなければ釣りにならない...フライが海水に入っている時間が少ない。それでは釣果にも大きな差が出るはずだ。

c0351262_22212290.jpg

さて....島牧で釣れたうれしさを通り越し、改めて課題に向き合う日々が始まるね。




by spey-g | 2016-02-12 22:45 | 海アメ | Comments(2)
Commented by タチチャン at 2016-02-13 18:43 x
渓流でバックの枝にラインが引っ掛かり、今度は大丈夫とキャストするとまた同じ所に引っ掛かる…なんて事よくあったなと思いだしました、知らず知らずキャスティングが崩れているのでしょう。簡単じゃないから遣り甲斐も有るのでしょう、課題が分かったならもう釣ったも同然ですね!
Commented by spey-g at 2016-02-13 19:37
これからが大変な道のりですよ。海アメはそう簡単な世界ではないことを身を持って痛感しています。やりがいがあるから楽しいんですけどね(*^-^*)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< フライテスター Intruder >>