AXISCO S.S LINE CUTTER

AXISCO ステンレスラインカッター

安い、使い易い、切れ味も問題なし!

c0351262_05140420.jpg

# by spey-g | 2017-02-02 15:32 | Wear/Gear/Accesories | Comments(0)

島牧海アメ釣行

昨日、1月最後の釣行になるであろう島牧へ。
前日が大荒れ、昨日は風が落ち着く予報だったのと、大潮ということで期待を膨らませて行ったのだが....

島牧フリークの方々の予想はみな私とは正反対で、風が落ち着いても波は高いままだろうと...本当にその通りだった。
原因は出し風(南風)にならなかったことだそうだ。

そして海は色が着いたのだが、波の弱いポイントは濁りがきつくて、結局どこも厳しい状況だった。

う~ん....まだまだ良いタイミングの読みが甘すぎる自分であった。

結果は...ノーフィッシュ!

振れそうな場所もそうじゃない場所もまずは波打ち際まで降りて状況を把握するようにした。自分の目で見て肌で感じることは絶対に無駄にはならず、むしろフィールドを知る経験値につながる。

千走の海岸
c0351262_20311954.jpg
c0351262_20312098.jpg


18番
c0351262_20311973.jpg
c0351262_20312006.jpg
途中から皇帝さんと並び、大変光栄なことに夕食を「かりんぱ」でご一緒させてもらった。こんな贅沢な時間はないだろう。
私は島牧の海アメについてまだまだわかっていない。皇帝さんは40年以上も島牧に通ういわば頂点に君臨する方なのです。

タックル、フライ、キャスティング、海中のラインイメージなどなど、数え切れないほどの質問をストレートに聞いてたくさんのアドバイスをもらうことができた。昔と今の島牧の海やベイトの変化などの話も奥深かった。

でも一番のアドバイスは、自分で実践を重ねて学ぶことであって、魚がかかったときそれが“答え”となるということ。そして“これだ”という答えはないので、先入観を持たず自分の開拓心を持って楽しむこと、を何回も伝えてくれた。

c0351262_20342304.jpg

皇帝さん、貴重な時間を本当にありがとうございました。





# by spey-g | 2017-01-30 21:00 | 海アメ | Comments(0)

再会とビュッフェ♪

先日、お世話になった元同僚の方とお会いするために「京王プラザ札幌」のビュッフェへ。

c0351262_20180092.jpg
c0351262_20180007.jpg
c0351262_20180085.jpg
c0351262_20180142.jpg

一流ホテルのビュッフェだなんて食べたことがなかったので、終始感動でした。
元同僚の方とも10年以上会っていなかったこともあり、昔話に花が咲きました。


帰りは「アメリカ屋漁具」へ。

c0351262_20180164.jpg

調査したいものがあったので.....







# by spey-g | 2017-01-26 20:26 | その他 | Comments(0)

島牧海アメ釣行 -祝・女性アングラー-

本日の潮回りは「長潮」。はっきり言うと、良くない潮回り....
風速も4~6m/s。

現地に着くと予想に反して風がまだ吹いておらず、朝一の一発を狙う。しかし、アタリはなく...そのうち知り合いの方がいたので、お話しをした。

どうやら今日は濁り方(海の色)がキーワードのようで、クリアすぎて鱒もシビアになっているらしい。

次のポイント...

c0351262_19555611.jpg
c0351262_19555644.jpg

ここは少し色が入っていて良い感じだったがダメだった。

次はレストハウス前へ。
今日の江ノ島海岸はまさに満員御礼状態!車もなかなか停めれないほどだった。

それでも、小さいが1本釣れてボウズはまぬがれた(ホッ...)。

c0351262_19563804.jpg
この後はポイントを転々としたが、どこもいまいちで昼くらいには北東の容赦ない風が吹き付けてきた。北西の風も嫌だが、北東は右利きキャストの私にとってはフライが後頭部や顔面に当たりそうになるので怖い。怖いと思うとキャストも乱れてくる。

昼休憩を18番でとり、その後そこで振るものの強風で断念。

.........


で、最後のポイントで数人のお知り合いの方々と振らせてもらう。
16時まで振って結果的には私には釣れなかったが、今日はとてもうれしい出来事があった。



今シーズンから、とある達人の方にマンツーで教えてもらいながらフライの海アメに挑む女性アングラー。ダブルハンドも握るのも初めてだったそうで、何度か島牧で見かけていた。
達人のレッスンのせいか、振っている様子は今シーズンから始めたようにはまったく見えないほど上達していた。

そして...そして...今日はその方の海アメ初釣果の“記念すべき日”となり、そこに私は居合わせたのでした。

島牧に通って6回目...普通の女性ならこの寒さと強風の中で挫折するはず...

c0351262_19563713.jpg
c0351262_19563695.jpg

努力する人に結果は必ずついてくる!!そう思った瞬間だった。そしてその努力があるからこそ、島牧の海アメの一尾には“価値がある”のだと確信した。

釣ったご本人はもちろん、教え続けた達人も笑顔笑顔。私を含めて数人のフライマンに囲まれ、その光景はまるで“記者会見”のように皆に写真を撮られていて、ほっこりとして雰囲気が自然と生まれていた。


c0351262_19563727.jpg
この方、このあとサクラマス釣りました(汗)
c0351262_19560501.jpg

今日のphoto
c0351262_19560504.jpg
c0351262_19560587.jpg
c0351262_19555654.jpg
c0351262_19555751.jpg

私が初めて海アメを釣ったのも昨年の今頃。感無量だったなぁ...そんな一年前の自分を思い出した本日の島牧釣行だった。








# by spey-g | 2017-01-22 20:27 | 海アメ | Comments(0)

SIMMS Guide LS Shirt Amber

時期的には冬以外の季節に着るものだけど昨年購入したSIMMSのシャツの紹介。

SIMMS Guide LS Shirt
このAmberの色に一目ぼれしたんですよね。

c0351262_05133603.jpg
c0351262_05133621.jpg
c0351262_05133663.jpg
c0351262_05140318.jpg
c0351262_05140490.jpg

フライフィッシングって単純に一期一会のような鱒と出会う楽しさ以外にも、ファッション性が高いいわゆる“カッコイイ”Fishingの1つでもあると思う。
ハンチング帽子やウェーダーなど自分のお気に入りのウェアを着てロッドを振っているだけで気持ちが良い。



っということで、この襟付きのSIMMSのシャツ...実はもったいなくて一度も着ないでシーズンが終わってしまった....(-_-;)
そんなオチでした....







# by spey-g | 2017-01-19 06:52 | Wear/Gear/Accesories | Comments(2)