<   2017年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

日常

最近釣りスイッチがなかなか...


c0351262_17312494.jpg




by spey-g | 2017-07-30 17:32 | その他 | Comments(0)

自作ロッドホルダー

海アメをやるようになってから、必需品としてかなり順位が高かったのがこの「ロッドホルダー」。
市販品は2万~3万、ん~高い....

じゃあ自分で作ってみよう!

Kencubeさん HP を参考にしました。

まずはアマゾンで「バキュームリフター」を2つ。
1つ667円、安いね。
c0351262_20393529.jpg
c0351262_20393519.jpg


あとは必要な部品

c0351262_20393546.jpg
c0351262_20393616.jpg


へったくそな取り付け(汗)

c0351262_20393621.jpg
c0351262_20393608.jpg
c0351262_20393712.jpg


100均の自転車ロープ(*^_^*)

c0351262_20393707.jpg
c0351262_20393736.jpg

塗装!スプレー代がけっこうお金かかった。

c0351262_20484620.jpg

c0351262_20393720.jpg
c0351262_20485082.jpg
c0351262_20485377.jpg

完成!見栄えはなかなかのものでしょ

c0351262_20485699.jpg
早速とりつけ~

c0351262_20410511.jpg
c0351262_20411006.jpg
まだ改良の余地はあるが、知り合いから注文も入っているのでさらなる良いものを作りたいね。
材料費は3000円位でできるかと。

海アメで大活躍しています。

ハンドメイドは楽しい!


by spey-g | 2017-07-29 20:57 | Handmade | Comments(0)

障害を持った方々にフライフィッシングを楽しんでもらおう

障がいを持つ方...知的障がい、発達障がい、身体障がい、精神障がい...

もしそのような方々が、健常者と同じようなこと(趣味)をしたい、と希望があったらどうしますか?


「障害を持った方々にフライフィッシングを楽しんでもらおう」

札幌市にあるFishonのマスターの企画で20年は続いているこの企画。
私は昨年から参加させてもらい今回は2回目。

c0351262_19172485.jpg
c0351262_19172451.jpg

赤井川 Fishing Area ドロームも新しく「AKAGIAWA TOMO プレイパーク」となり設備もきれい!

この企画には道内のエキスパートのフライフィッシャーが集まります。私はフライフィッシャーの方々の交流も1つの楽しみで参加している。

c0351262_19172560.jpg
c0351262_19172539.jpg
c0351262_19172621.jpg
c0351262_19172657.jpg
c0351262_19172785.jpg
炊事係の方々いつも美味しいご飯の提供、ありがとうございます
c0351262_19172728.jpg

時間はあっという間に流れ...なんだか最後はさびしい気持ちに....

c0351262_19172708.jpg
車椅子の女性にフライフィッシングを教えている女性アングラー。しっかりと釣らせてあげていましたね。
共生社会って奥深いけど、当たり前の世の中にしたいですね!




by spey-g | 2017-07-22 19:28 | その他 | Comments(0)

渓流ドライフィッシング釣行

渓流のビッグドライも開幕している。
レッグのドライフライには魔力が....

c0351262_19183355.jpg
c0351262_19183470.jpg
c0351262_19183411.jpg
c0351262_19183484.jpg

いやぁ今年は暑い....溶けそうだ...(汗)





by spey-g | 2017-07-15 19:21 | 渓流 | Comments(0)

私の人生にかかわってくれた人

今週月曜日の早朝に伯父が亡くなりました。
伯父夫婦には子どもがいなくて、近所に住んでいた私は小さい頃から私を自分の子どものようにかわいがってもらいました。

月日は流れ、私もこの歳になると、顔を見せないこともある意味普通になって、伯父さんが入院していてもそれは変わらずで....

昨年入院のお見舞いに行ったのですが、伯父さんの姿は昔の面影は無いくらい老衰していて、こういう歳なんだなってそれだけで割り切っていた。

昨日通夜、今日告別式、火葬まで見届け...伯父の妻から昨日聞いた話の中で「○○ちゃんがね(私)、小さい頃よくうちに来ていて、専用の小さいご飯茶碗があって実は今でも家にあるんだよ」って言われたとき...言葉にはできないものがあって、伯父さんに可愛がってくれた記憶だけが財産だと思っていたら、形として今も残してくれていて...
「形見としてもらえない?」って言ったらおばさんもすごくうれしそうな笑顔が印象的だった。

人が生きている以上、死は当たり前のように毎日の出来事で、自然な老衰で亡くなる人もいれば、事故死などショックを受ける死も...

でも、身内の葬儀に立ち会うのって、実は20年ぶりくらいでどこか辛いなぁとか行きたくないなぁって亡くなった事をみなで悲しむことから逃げ出そうとする自分もいたり...
でも、結果的に収骨して皆で涙を流して、見送ることが伯父さんへの最後の感謝の形なんだなって親族として参列して供養できて本当に良かったと思いました。

伯父さん、今まで本当に可愛がってくれてありがとう。安らかに、そし天国で楽しく過ごしてね。

合掌

c0351262_21013440.jpg




by spey-g | 2017-07-12 21:14 | その他 | Comments(0)

新たな挑戦 -handmade-

続々と届く荷物...

新しいハンドメイドの世界へ着手します。

c0351262_20061459.jpg
c0351262_20061365.jpg
c0351262_20061322.jpg
c0351262_20061359.jpg
c0351262_20061453.jpg




by spey-g | 2017-07-01 20:09 | Handmade | Comments(0)